温泉で芯から温まる

温泉で芯から温まる

産後に疲れやすくなってしまった

 

現在31歳、2人の子供がいます。一人目は26歳、二人目は28歳での出産でした。
子供を産むまでは体力にも健康にも自信があり、めったに熱も出ず風邪もひかずにとても元気に過ごしていました。
ところが子供を出産後に体質が変わったのか、急に疲れやすくなってしまいました。産後の睡眠不足も加わり体調がすぐれない日が増えてきてしまいました。

 

 

体を芯から温める


産後の疲れやすさはどうしてなのか考えていると、子供を産む前に比べて体が冷えている、また冷えやすくなっていることに気が付きました。体が冷えているから体調が優れないのでは、と思い体をしっかり温めることが大切だと考えました。
自宅で入浴する時には、子供2人と一緒に入るため、自分までゆっくり温まる暇がありません。
そこで温泉に定期的に行き、しっかりと体を温めることにしました。幸い、子供たちは大のお風呂好きで、広い浴場に大喜びで、家で入浴するよりも機嫌よく入ってくれます。
ママであるわたしもゆったりと温泉につかることができ、体が芯から温まります。温泉に入ると体がポカポカし、疲れが取れるのがよく分かります。また、翌朝の寝起きがいつもよりすっきりしています。

 

 

週に1回は温泉

温泉で芯から温まる
温泉に入った日とその翌日は体が温まって疲れを感じないのですが、さすがに毎日温泉に行くのは家計的に無理があります。
体を冷やさないためにも1週間に1回は温泉へ行くようにしています。
温泉は体が芯から温まって疲れを取り体調を整えてくれます。しかしながらデメリットが一つあります。温泉に入浴後に家まで帰らなければならないことです。
特に冬場は防寒対策をしっかりしなければなりません。せっかく温まった体を冷やさないように、特に足首、手首、首を冷やさないように気を付けなければなりません。荷物がどうしても増えてしまいますし、この点だけがデメリットです。

 

温泉に入ると癒し効果もあり心も体もぽかぽかになります。体の冷えは体調を悪くしてしまいます。
温泉で芯から温まり疲れ知らずの体を目指しましょう。

ページの先頭へ戻る