元気ハツラツ生活!健康日記

偏頭痛対処法と薬を飲むタイミング

偏頭痛対処法と薬を飲むタイミング

 

 

年齢29歳
女性
主婦


 

 

中学生からのおつきあい

 

中学3年のころから、片側だけ頭がしめつけられるように痛くなることが。怖くなって病院を受診することに。

 

 

脳神経外科を受診して

 

中学生のころから、頭が痛すぎて学校を休むこともしばしば。
片側(左側)だけが締め付けられるように痛く、脳神経外科を受診。そうすると偏頭痛でした。
受診するまでは、バファリンなどを購入して頭痛薬を飲んでいましたが、そんなに効果なく頭がしめつけられるように数時間痛むので、寝ることもできず、ひたすらたえていました。
病院で、CTをとってもらい、腫瘍とかでないことは確認されすこし安心しました。
先生の内診してもらってわかったことは、頭痛前に目眩がしたり、目の前がチカチカすることがおこっているということ。
偏頭痛する人の特徴らしく、言われてみてたしかに、目の前がチカチカしたりすることが、よくあることが、わかりました。
薬を処方してもらい、飲むタイミングはできれば頭が痛くなる前。
目がチカチカしたりしているときに飲むのが一番効果的だといわれ、そのタイミングでのみ、目がチカチカしてきたなとおもったらできるだけ、カーテンをしめたり、電気を消したり、光刺激を少なくするようにしました。
すると、以前より頭痛のおこる回数も減りました。

 

 

薬を飲む回数を減らしていきたい

 

今現在も頭痛はよくおきるが、できるだけの対処で頻度は少なくなった気がします。
子供に授乳していても、薬が飲めるときいて、飲んでいますが、あまり、授乳中飲みたいものでもないので、できるだけ回数を減らしていますが、日によっては1日三回薬をのむことも。
運動など、身体をうごかして、健康な身体づくり、ストレスの軽減で頭痛発作の頻度も減るらしいので、子供のためにも、そのような時間をとっていきたいとおもいます。

page top