前日の疲れを残さず旅行を続けるためには

 

前日の疲れを残さず旅行を続けるためには

 

旅行をしていて気になる脚の疲れ

 

旅行が好きで毎年1週間から10日間ほど国内外へ旅行に行っています。
いろいろなものを見て歩くのが好きなんですが、夢中になって歩いていると気がついたら夕方には脚がパンパンになってしまうんですよね。
一応寝る前にはストレッチやゆっくりお風呂に入るなど脚の疲れをとるようにはしていますが、それでも翌日痛みが残るままの脚で旅行を続けることがほとんどです。
一泊程度の旅行であれば、家に帰って休めば良いだけなので大して問題にはならないかもしれませんが、長期旅行となれば話は別。
翌日以降に疲れを残してしまうとその分旅行を楽しめなくなってしまいます。

 

 

着圧ソックスで疲労回復

 

前日の疲れを残さず旅行を続けるためには

 

旅行に出た夜のストレッチや長めのお風呂は勿論大事ですが、何よりもオススメなのが着圧ソックスのメディキュット。
寝る前には必ず履いて寝ます。
けれど、ただ履いて寝るのではなく、履く前にゆっくり湯船につかる、脚を少し高くして寝るようにすると更に疲労回復の効果が得られます。

 

 

就寝時に使える着圧ソックスを選ぶ

 

前日の疲れを残さず旅行を続けるためには

 

脚がくたくたになった日でも翌日には嘘のように脚がスッキリしてむくみも取れて快適。
翌日に疲れを残さずに旅行を続けられます。
でも時期によっては脚をぴったりと覆う分、暑くて寝苦しく感じてしまうこともあるので、あらかじめパジャマを薄めのものにしておくことが必要です。
また、着圧ソックスはそのまま夜寝られるものと寝られないものがあります。寝られないものは締め付けが強く、長時間使用すると逆に血流を悪くしてしまうので必ず就寝時に使えるものを選びましょう。

ページの先頭へ戻る